三角形の継続パターンは、価格と時間の両方が大切だということがわかった。具体的には、単純に三角形を形成すれば、それに沿ってエントリーすればいいのかと思っていたが、実際にはそうでは無い。価格はどんどんと収縮していくのが前提であり、時間的な問題は、両方の端から半分もしくは4分の3を過ぎるところまででブレイクする必要がある。4分の3進んだ所でもブレイクしなければ、その後相場はダラダラと出する場合が多い。なので、三角形が出たときのパターンでは、理想的などは半分過ぎたあたりでブレイクして、その方向に乗っていくこと。また、今回初めて知ったのは、逆三角形のチャートパターンである。つまり価格がドンドンと大きく上下に振れている相場である。こーゆー大きな三角形は、普通、天井で起きると言われている。天井の動きは、暴れ馬に乗るようなもので、かなり大きな値幅を持つ。そのためエントリーするのはかなり至難の業になる。、情景を見つけたからといって、無理にエントリーする必要は無い。エントリーするのではなく、そこから相場が下落に転じるのを待ち、大きく下げてきたら、そこからエントリーのタイミングを計り下落の波に乗るのが理想である。ただ、価格の変動がとても激しい場合は、無理にエントリーをする必要はなく、底が来るのを待つのも1つの手である。市場がそこでから上昇するときは、普通大きな出来高を持って上昇し始める。そのためかなりわかりやすく、じわじわと値段はのびてくるので、かなりエントリーしやすくなる。保ち合いのパターンを見ることで、相場がトレンドの途中なのか、、天井にいるのかと言うのが分かるので、かなり便利なものである。チャートを見て識別ができるように訓練を重ねたい。
イージートレードFX

FXトレード

自分の意見をまず明確にしなければ、文章書くときに、相手に何を伝えたいのか、何を伝えればいいのかというのは明確にならない。そのためにまず最初にすべきなのは、自分がどのようなことを言いたいのか、これを考えることである。この自分の目的を見つけるために、どんなことが必要になるかというと、簡単であり、それは、「問い」である。どんな問いを立てるかが、どんな答えが出るかを決める。つまりいい問い立てることができれば、良い答えを見つけることができる。どのようなところから考えればいいか、これは結構簡単なことで、自分の身の回りから考えるのが1番ベストである。例えば自分はこれからどんなことをしたいか、ということを考えるときに、これは問いであるが、結構大きな問題を扱っている。つまりかなり漠然としているのである。こういう問題を取り上げるときは、まず自分が過去に3年でどんなことをやってきたかを考える。その上で、自分がどのようなことを成し遂げたか、どのような事を失敗したか、これらを考えて、これから自分はどのようになりたいか、何を目指すべきなのかって言うのを考える。これをしっかり考えることができれば、おのずと自分が次の1年で、どのようなことをすれば良いのかがわかる。このようなことから、どのような答えを出すか、何を知りたいかを考えるためには、どのような問いを考えるかが大切である。自分の身近なことから、問いを見つけ、常にどのような問いをしたらいいかを考える。そうすることで自分の人が見えてくる。来年はどのようなことをしたいか、どんな力を身につけたいかを考えるときに、自分が去年どんな事をしたか、どんなことを成し遂げることができたか、これを考えることで、より明確な目標が見えてくる気がする。自分に常に問いを立てることが大切だ。

FXトレード

この間多分これは2年くらい前に聞いた話なんだけど、それは、いい記事を書く人、いいライターさんは普通家に閉じこもって記事を書くのではなく、外に出て、図書館で本を書く、という話を聞いた。で、確かにそうだな、と思ったのですが、ネットで文章を探して記事を書くとなると、みんな同じような文章になる。だから本を読んでそこから勉強になるものを書いていくのがベストだな、と思う。ということで、勉強になる図書館、本がたくさんある図書館があるといいな、と思い探してみるかな、と思っている。1冊借りれたら期限は2週間とかだから、図書館で記事を書いてもいいし、夜の時間だったら、スタバで書いてもいいな、と思う。このサイトにはこんなものを載せていきたい、というイメージが湧いてきたので、1回見に来た人は、相場の勉強をするために、このサイトをいろいろ見て回るだろうな、と思えるようなサイトにする。そして、自分自身が勉強するのにまとまっているサイトとして使うことを大前提とする。まとまっていることは大前提だけど、それと読みやすさ、気になて読んじゃうんだよな、という内容をしっかり書けるように、これはどんどん書いて練習するのが一番だな、と思う。とにかく90記事、できれば100を目標に記事の概要を作り、それをどんどん記事にしていく作業をしていく、youtubeも使うのがいいな、と思うのですが、それはまた次の機会に考えようかな、と思っている。サイトが出来上がれば、そこからyoutubeを作るのはそんなに難しくないから。

FXトレード

文章を書くとき、何かしらの行動を起こしてもらおうと思ったら、説得して、なるほどー。まあそうならいいかなー、と思って買うことが多いのかな、と思う。しかし、残念ながらそれではブランド型の文章を書くことはできない。イメージとしては、読みながらワクワクして、そのワクワクが最高潮に来て、自分にもできるかもしれない、その力を手に入れることができるかもしれない、と思い、ワクワクを手にするために何かしらの行動を起こしてもらうことになる。ということは、何かしらの文章を書くということは、何かの行動を起こしてもらうことになる。行動を起こしてもらわない文章は結局何にもならない。これを買って欲しいのか、無料登録して欲しいのか、何かしらしてほしいことをしてもらうために、ゴールが決まっているから、だから文章を書くことができる。このしてほしいことをしてもらうために。行動してもらうために、苦痛からしてもらうのか、わくわくからするのか、ここが人によって異なる。今は苦痛だよね、そんな苦痛はなくそうよ、という思いがあって、文章を書くことがほとんど、今サイトで文章書いているけど、特に何かをしてほしい、行動を起こしてほしい、という文章は特にない。それだとやっぱりただ文章を書いているだけになってしまうので、意味がないな。で、一番ブログを書くためにすべきことって、目標にすべきことって、リストにすること、登録してもらうことだね。で実際メルマガから売れればそれでいいわけで、ブログとメルマガの組み合わせをある程度大きくしていくのがいいかなー、と。ということは毎回の内容で大事なことはすべてメルマガに流す、メルマガで伝えると、伝えているよ、というのを書くのはいいのではないかな。ツイッターでブログに誘導して、そこからメルマガに誘導する流れを作れれば理想。それぞれにしてほしいこと、行動してほしいことが具体的にあるので、その目的に沿って文章を構成していけばいい。ツイッターはブログへ。ブログではメルマガへ。メルマガではブランドへ。この辺をスムーズに、理想的な感じでメールを送りたいな、と思う。毎日必要なことはどんどん書いていくのがいいよねー。

FXトレード

これはこれから考えることなのですが、ライントレードをメインにして教材の勝率を上げることを行う。そのために必要なのは何か。まず伝えたい核になることをしっかり見つける。そしてそれをコンテンツにするときに、コンテンツでコピーライティングを使う。これを徹底しようかな、つまり普段の文章でコピーライティングを使うことを考えれば、おそらく教材を買った人がリピートしてくれるんじゃないかな、と。で、ライントレードで各教材の特典を作り。それが終わったらライントレードではないものを軸にして特典を作ろうと思っている。で、それらを作りつつ、紹介するときもコピーライティングを使い、どんどんリピートを増やしていきたい。そしたらアフィリだけどやれることおの幅がかなり大きくなるな、と思う。じゃあライントレードで必要になるのは何か。ライントレードで伝えるべきものをマインドマップにまとめて、そしたらそれを記事にしていく、という感じで、特典を作成する。で、文字を書くたびにコピーを意識する。師匠の文章のコンテンツをみて、どんな風にコンテンツにコピーを使っているのかをしっかり盗もう。そしてそれを自分で作れるようにする。そしたら、FXの教材をいろいろ作っても活かせるようになると思う。

FXトレード

今回はFXのサイトを立て直すために、いろいろと新しく記事を書き始めている。どうしてもアフィリエイトはメンテナンスが必要になるので、完全にほったらかしで、みたいなものはない、ということがわかった。かなり自分のやる気的なものもなければ、更新作業ができなくなるので、どうもダメだなー、と鳴ってしまう。一人で仕事をすることに関しては難しいところだなー。みんなを巻き込んで仕事をするのが好きな人はどんどんそうすればいいし、そうじゃなくて、自分の力をどんどん大きくすることをメインに考えるのであれば、それもそれでいいことだしね。結局のところ、どっちにもメリットデメリットは出てくる。一人でなにをしているなら、できることはかなり制限されるが、それでもやりたいこと、やることを間違えなければしっかり収益化することはできる。ただ、そうなると、印税的に、かなりレバレッジを効かせることを考えることになる。つまり、確実に自分の能力を上げて、できる仕事を増やしていくことができれば、それで仕事はしていける。ただ、やる仕事を間違えた時に、かなりのロスになる、というデメリットはあるな。それに対して人を雇う場合はどうだろうか。かなりできることは広がる気がする。そして、いい人間に出会うことができれば、仕事をしてくれて、求めているものをしっかりしてくれる。これはかなり有難いこと。しかし、それに対してしっかりメンテナンスを行う必要がある。メンテというのは、人に対してであり、その人がどんなことを考えているか、どんなことをしたいのか、ということを常に考えながらしっかりリードしていかねばいけない。そうじゃないと結局、その人が本当に望んでいるものでなければそこまで関係が長く続くことはない。そなると、それまでお願いしていたことは自分でやらなければいけなくなる、それは結構大変なんだよな、と今回実感した。だから、やっぱり一番いいのは中途半端に人にお願いするんじゃあなくて、自分でできることを増やして、それがしっかり受け入れられる、売り上げにつなが力をつけることが大事だな、と思う。そして、それが一番やりたいこと、面白い事、熱中することができるものである必要がある。まずはハマったものからいろんなものを探すのがいいよねー。
トレンドハンターFX 特典

FXトレード

この間セミナー映像を見ていて思ったのですが、FXjinさんはかなり教材を作ることには後ろ向きだったらしいです。というのも、もともとシグナル配信を行っていたらしく、シグナル配信で結構痛い目にあったのです。具体的には1700人以上の人に向けて毎日シグナルを配信していました。相場の予想があたって勝てているときはいいのですが、そうじゃないときはやはりあります。FXjinさんは、10かいに1〜2回くらい負けるときがあるのですが、その時はかなりシグナル配信を受けている人たちからメールが来たんだとか。買っているときはみんな何も言わないけど、負けだしたら、いきなり講義のメールを送っていくるのです。やっぱり人間ってこういうものなんでしょうか。10回勝てても、1、2回負けると、それで激昂する、というのがあるんですね。これはもちろんみんながみんなではないですが、1700人もいたら、そのうちの10%でも、170人の人からメールが来ることになります。そうなったら本当にどうなんだ、というのが実際のところです。FXにはたくさんの情報商材があります。その中にはシグナル配信もあります、他にも裁量トレードや自動売買ソフトもあります。一番クレームを受けやすいのは、たくさんある情報商材の中でもシグナル配信だというのは間違いないのではないかな、と思います、シグナル配信は誰が配信しているかもわかりますし、相手の顔がわかっていることがほとんどで、負けた原因はその人になりますから。ということを考えると、FXjinさんはかなりすごいことをしてたな、というのがわかります。結局そこまで長く続かなかったらしいのですが、それでもシグナル配信でかなりたくさんの人を稼げるようにしたんだとか。その人が今恋スキャFXを作っているのですが、こんなにたくさんのことがあったなら、まあ、買ってみる、どんな風に相場を見ているのかは知っておいて損はしないと思いますよ。

FXトレード

先日の勉強会で素晴らしい発表した女性トレーダーから相談を受けた。実はあれほど自信満々で発表したが、実際のところ分かってもらえていたのだろうか。緊張のあまりかなり早口でしゃべってしまったので、参加者に真意が伝わったかどうかが不安ということだった。確かにあまりにも流暢だったので、みんな気圧されて質問があまり出なかったのは事実だが、それだけよく練られた内容であり、納得性の高いプレゼンだったということである。自分からのアドバイスとしては、見ている側の観点としては彼女の手法を完全に理解しようとは考えていないこと。彼女の手法はあくまでも彼女のものであって、それを完全コピーしても自分のものには絶対ならないから。自分のトレード手法を洗練させるのに、少しでも役立つ部分はないか、そういう観点で見ている筈だと伝えた。だから完全に理解してもらう必要はないということである。そもそも長い年月をかけて作り上げた手法をたった数十分の講義で伝えることなど不可能だ。

FXトレード

月曜日もイースターで海外市場は休場。全般的に動きは少なく様子見姿勢が続くと考えておく。ドル円 : 日足でのレンジが継続中。101.1付近のサポートには丁度200EMAが走っており、そこを割ってくると強い下落が始まる可能性が高まる。売り目線をキープする。 ユーロ円 : 日足ではきれいなトレンドラインに乗っかる形で上昇中。高値を切り下げてこのラインを割ってくれば下降転換の可能性が出てくる。ドル円の動き次第という状況は変わらず。 ユーロドル : 日足は上昇トレンド。目先の目標は直近高値1.396近辺と考えておく。1時間足では下落の形を作っているが窓埋めを完了していないので売るのは怖い。とりあえず様子見が妥当。オージードル : 日足では、大きな下落に対する戻りの場面なのか、あるいはトレンド転換を果たしてこのまま上昇継続となるのかを見極める場面。1時間足では下降へのトレンド転換と見ていたが、明確な形では下げずに金曜日は休日ということもありレンジを形成した。月曜もこの流れは継続すると考えておく。

FXトレード

いつも見に行くFXトレーダーのブログが何となくいつもの雰囲気と違う。タイトルも「告知あり!」となっている。読み進むと、グループSkypeコンサルをなんと無料で行うとのこと。先着5名まで。本来はかなり高額のコンサルなのだが、なぜ無料なのか。理由は、これまで読者から「真剣に学びたい!」とコンサルの応募も沢山あったにも拘わらず、時間の都合などで断ることも多かったので、そのお詫びのしるし、とのことだ。千載一遇のチャンスである。このブログ記事がいつ書かれたものか分からなかったが、とにかく大急ぎでメールにて参加希望の意思を伝え、返す刀でトレーダー仲間に「こんな募集やってるよー」と連絡しておいた。そして二日後、めでたく当選のお知らせをいただいた。自分が連絡したトレーダー仲間も2名当選したとのこと。よかった。Skypeコンサルの時間は90分なので、この限られた時間を最大限に活用したい。まずはこのトレーダーのブログを遡って精読し、疑問点などを書き出していこう。

FXトレード