これはこれから考えることなのですが、ライントレードをメインにして教材の勝率を上げることを行う。そのために必要なのは何か。まず伝えたい核になることをしっかり見つける。そしてそれをコンテンツにするときに、コンテンツでコピーライティングを使う。これを徹底しようかな、つまり普段の文章でコピーライティングを使うことを考えれば、おそらく教材を買った人がリピートしてくれるんじゃないかな、と。で、ライントレードで各教材の特典を作り。それが終わったらライントレードではないものを軸にして特典を作ろうと思っている。で、それらを作りつつ、紹介するときもコピーライティングを使い、どんどんリピートを増やしていきたい。そしたらアフィリだけどやれることおの幅がかなり大きくなるな、と思う。じゃあライントレードで必要になるのは何か。ライントレードで伝えるべきものをマインドマップにまとめて、そしたらそれを記事にしていく、という感じで、特典を作成する。で、文字を書くたびにコピーを意識する。師匠の文章のコンテンツをみて、どんな風にコンテンツにコピーを使っているのかをしっかり盗もう。そしてそれを自分で作れるようにする。そしたら、FXの教材をいろいろ作っても活かせるようになると思う。

FXトレード

今回はFXのサイトを立て直すために、いろいろと新しく記事を書き始めている。どうしてもアフィリエイトはメンテナンスが必要になるので、完全にほったらかしで、みたいなものはない、ということがわかった。かなり自分のやる気的なものもなければ、更新作業ができなくなるので、どうもダメだなー、と鳴ってしまう。一人で仕事をすることに関しては難しいところだなー。みんなを巻き込んで仕事をするのが好きな人はどんどんそうすればいいし、そうじゃなくて、自分の力をどんどん大きくすることをメインに考えるのであれば、それもそれでいいことだしね。結局のところ、どっちにもメリットデメリットは出てくる。一人でなにをしているなら、できることはかなり制限されるが、それでもやりたいこと、やることを間違えなければしっかり収益化することはできる。ただ、そうなると、印税的に、かなりレバレッジを効かせることを考えることになる。つまり、確実に自分の能力を上げて、できる仕事を増やしていくことができれば、それで仕事はしていける。ただ、やる仕事を間違えた時に、かなりのロスになる、というデメリットはあるな。それに対して人を雇う場合はどうだろうか。かなりできることは広がる気がする。そして、いい人間に出会うことができれば、仕事をしてくれて、求めているものをしっかりしてくれる。これはかなり有難いこと。しかし、それに対してしっかりメンテナンスを行う必要がある。メンテというのは、人に対してであり、その人がどんなことを考えているか、どんなことをしたいのか、ということを常に考えながらしっかりリードしていかねばいけない。そうじゃないと結局、その人が本当に望んでいるものでなければそこまで関係が長く続くことはない。そなると、それまでお願いしていたことは自分でやらなければいけなくなる、それは結構大変なんだよな、と今回実感した。だから、やっぱり一番いいのは中途半端に人にお願いするんじゃあなくて、自分でできることを増やして、それがしっかり受け入れられる、売り上げにつなが力をつけることが大事だな、と思う。そして、それが一番やりたいこと、面白い事、熱中することができるものである必要がある。まずはハマったものからいろんなものを探すのがいいよねー。
トレンドハンターFX 特典

FXトレード

この間セミナー映像を見ていて思ったのですが、FXjinさんはかなり教材を作ることには後ろ向きだったらしいです。というのも、もともとシグナル配信を行っていたらしく、シグナル配信で結構痛い目にあったのです。具体的には1700人以上の人に向けて毎日シグナルを配信していました。相場の予想があたって勝てているときはいいのですが、そうじゃないときはやはりあります。FXjinさんは、10かいに1〜2回くらい負けるときがあるのですが、その時はかなりシグナル配信を受けている人たちからメールが来たんだとか。買っているときはみんな何も言わないけど、負けだしたら、いきなり講義のメールを送っていくるのです。やっぱり人間ってこういうものなんでしょうか。10回勝てても、1、2回負けると、それで激昂する、というのがあるんですね。これはもちろんみんながみんなではないですが、1700人もいたら、そのうちの10%でも、170人の人からメールが来ることになります。そうなったら本当にどうなんだ、というのが実際のところです。FXにはたくさんの情報商材があります。その中にはシグナル配信もあります、他にも裁量トレードや自動売買ソフトもあります。一番クレームを受けやすいのは、たくさんある情報商材の中でもシグナル配信だというのは間違いないのではないかな、と思います、シグナル配信は誰が配信しているかもわかりますし、相手の顔がわかっていることがほとんどで、負けた原因はその人になりますから。ということを考えると、FXjinさんはかなりすごいことをしてたな、というのがわかります。結局そこまで長く続かなかったらしいのですが、それでもシグナル配信でかなりたくさんの人を稼げるようにしたんだとか。その人が今恋スキャFXを作っているのですが、こんなにたくさんのことがあったなら、まあ、買ってみる、どんな風に相場を見ているのかは知っておいて損はしないと思いますよ。

FXトレード

先日の勉強会で素晴らしい発表した女性トレーダーから相談を受けた。実はあれほど自信満々で発表したが、実際のところ分かってもらえていたのだろうか。緊張のあまりかなり早口でしゃべってしまったので、参加者に真意が伝わったかどうかが不安ということだった。確かにあまりにも流暢だったので、みんな気圧されて質問があまり出なかったのは事実だが、それだけよく練られた内容であり、納得性の高いプレゼンだったということである。自分からのアドバイスとしては、見ている側の観点としては彼女の手法を完全に理解しようとは考えていないこと。彼女の手法はあくまでも彼女のものであって、それを完全コピーしても自分のものには絶対ならないから。自分のトレード手法を洗練させるのに、少しでも役立つ部分はないか、そういう観点で見ている筈だと伝えた。だから完全に理解してもらう必要はないということである。そもそも長い年月をかけて作り上げた手法をたった数十分の講義で伝えることなど不可能だ。

FXトレード

月曜日もイースターで海外市場は休場。全般的に動きは少なく様子見姿勢が続くと考えておく。ドル円 : 日足でのレンジが継続中。101.1付近のサポートには丁度200EMAが走っており、そこを割ってくると強い下落が始まる可能性が高まる。売り目線をキープする。 ユーロ円 : 日足ではきれいなトレンドラインに乗っかる形で上昇中。高値を切り下げてこのラインを割ってくれば下降転換の可能性が出てくる。ドル円の動き次第という状況は変わらず。 ユーロドル : 日足は上昇トレンド。目先の目標は直近高値1.396近辺と考えておく。1時間足では下落の形を作っているが窓埋めを完了していないので売るのは怖い。とりあえず様子見が妥当。オージードル : 日足では、大きな下落に対する戻りの場面なのか、あるいはトレンド転換を果たしてこのまま上昇継続となるのかを見極める場面。1時間足では下降へのトレンド転換と見ていたが、明確な形では下げずに金曜日は休日ということもありレンジを形成した。月曜もこの流れは継続すると考えておく。

FXトレード

いつも見に行くFXトレーダーのブログが何となくいつもの雰囲気と違う。タイトルも「告知あり!」となっている。読み進むと、グループSkypeコンサルをなんと無料で行うとのこと。先着5名まで。本来はかなり高額のコンサルなのだが、なぜ無料なのか。理由は、これまで読者から「真剣に学びたい!」とコンサルの応募も沢山あったにも拘わらず、時間の都合などで断ることも多かったので、そのお詫びのしるし、とのことだ。千載一遇のチャンスである。このブログ記事がいつ書かれたものか分からなかったが、とにかく大急ぎでメールにて参加希望の意思を伝え、返す刀でトレーダー仲間に「こんな募集やってるよー」と連絡しておいた。そして二日後、めでたく当選のお知らせをいただいた。自分が連絡したトレーダー仲間も2名当選したとのこと。よかった。Skypeコンサルの時間は90分なので、この限られた時間を最大限に活用したい。まずはこのトレーダーのブログを遡って精読し、疑問点などを書き出していこう。

FXトレード

FXトレード勉強会、3番目の講義はなんと自分が指名された。まあ時間調整のようなものだが、最近SNSに投稿した記事がそれなりに好評だったので、それについて語れというもの。ちなみに投稿した記事というのは、以前に常勝トレーダーからSNS上で厳しい指摘を受けたことを機に自分のトレードに関する考えをまとめたもの。トレードをあれもこれもと手を出してしまうと混乱するのでまずは自分の得意な手法を1つ決めて、それに集中するのが良いといった内容。自分が現在スランプなのは、その当たり前のことを忘れていたからであるが、本当の理由はもう少し違うところにあるのでは、という話をしてみた。それは、手法うんぬんではなくもっと本質的なこと。自分のトレーダーとしての在り方がまだはっきりと定まっていないことが原因なのでは、目標が明確でないのでブレているのでは、ということだ。全くのノープランなので考えながら話したため、ちょっと脈絡のないものになったしまったのが反省点である。

FXトレード

FXトレード勉強会、2番目の講義は最近めきめきと頭角を現してきた女性トレーダーによる環境認識とエントリー手法の説明。自分は事前にあらすじを聞いていたのでとても分かりやすく、すんなり頭に入った。講義内容はこれまで動画で配信された環境認識手法のおさらいと、分割エントリーと分割決済の詳細についての説明。個人的には、同一のチャート場面においてトレンドフォローと逆張りの両方の目線でエントリーポイントを考えていくというシミュレーションが面白かった。相場を常にレンジとして捉えておけば、①上昇トレンド②レンジ③下降トレンドのどの場面でもレンジ上限でショートエントリーして、下限でイグジットすれば良いことになる。それにしても説明が立て板に水のようで素晴らしい。その場の雰囲気を制してしまうほどだ。あとで聞いたことだが過去にパン作りとフラワーアレンジメントの講師もやっていたとのこと。道理でしゃべりが上手いと思った。

FXトレード

昨日はFXトレードの勉強会があった。今回は参加人数が20名を超えたので、いつもの尼崎ではなく大阪梅田のレンタル会議室での開催となった。レンタル料金は、プロジェクター機材と無線LAN送信機込で3時間32,400円也。参加者で頭割りすれば一人1,700円程度なので非常にリーズナブルである。ロケーションも良く部屋はとても快適、勉強会の効率も格段にあがった。余談だが、このプロジェクターのレンタル料金が9,000円近いので、3回もレンタルすると機材が買えてしまう。これも参加者で頭割りすれば一人2,000円程度でずっと使えるようになるわけで、毎回レンタルするよりはるかに効率的だ。購入を提案しておいた。最初の講義はトレードの基礎的なお話。環境認識の重要性、トレンドとレンジの見分け方、エントリータイミングの考察、リスク管理、ラインの強弱、複数時間足の考え方など盛りだくさんであった。基礎を復習するという意味で非常に参考になった。次回は是非ローソク足のプライスアクションに特化した講義をお願いしますとリクエストしておいた。

FXトレード

今日はイースターで海外市場は休場、相場の動きも少なく完全に様子見となった。簡単に今週の相場を振り返る。ドル円 : 先週の急落からレンジに移行、徐々に安値を切り上げてきたが上昇への転換という動きではない。ユーロ円 : 安値を割れば、ドル円の動き次第で売りが面白いかと構えていたが結局割らずに上昇していった。ドル円と比較すると上昇の値幅があったので、細かくトレードすればいくらかは取れた相場であった。ユーロドル : 窓開けで始まり、それなりの値幅をもって下落していった。窓があるので簡単には売れずジリジリしている間にレンジに移行、その後2度ほど上値を試すが結局窓埋めには至らず。現在もヨコヨコ継続。オージードル : 先週の大きな上昇からの短期下落の可能性を想定していた。結果、1時間足でフラッグを2回作って下落継続、現在は0.933近辺でヨコヨコとなっている。少し引いてみると4時間足でもきれいなフラッグを形成している。0.928近辺にサポート帯があり、そこまで下落して上昇トレンド復帰というシナリオを想定しておく。

FXトレード